LUSSO(ルッソ)@吹田・美容室

ゆっくりした雰囲気のこじんまり系美容室@吹田市

PERM(パーマ)

パーマは好きですか?

皆様パーマは好きですか?と質問すると『あんまり好きではない』って答える方が多いように思います。ヘアカタログの写真を見てみるとほぼすべてと言ってもいい位にパーマのデザインが取り入れてあります。
パーマの魅力のひとつとして やわらかさ ・ やさしさ の表現という事が挙げられます。ストレートヘアの状態にはない女性らしさをさりげなく演出ことが可能となります。その他にもパーマならではのメリットはたくさんありますがパーマがいまいち受け入れられていない理由を考えてみました。

PERM【 S・C・B 込み】

ショート         ¥9720-
ミディアム       ¥10260-
ロング         ¥10800-

パーマがいまいち好きになれない理由TOP3

老けて見られる

パーマを敬遠する方に多い理由におばちゃんっぽくなってしまうのでは?という不安の声があります。では、おばちゃんぽいってどんなの?って聞いてみますと大概の意見がくりくりしているって答えます。つまりカールが強すぎるとおばちゃんを彷彿とさせる効果が高くなると言うことがわかりました。それと部分的にかかり過ぎているのも老けて見られやすいかもしれません。例えばミディアムぐらいのレングスで耳から下に毛先まで均一にカールしているといったスタイルもその傾向が強いように思います。

お手入れしにくい

パーマをするとお手入れがしにくいと思われる方も多いです。パーマにはパーマ自体でスタイルを完結させるものと、スタイリングを補助する目的の物があります。お手入れするのが難しいって方にはまずいつのもヘアスタイルを作りやすくする目的のパーマから始めて徐々に馴れていくのも1つの手だと思います。具体的には濡れている時はカールが出るけど乾かすと無くなるぐらいのパーマです。これなら万が一やりにくかったとしても簡単に内巻きにすることが出来るので安心ですね。

髪が傷むから

パーマをすると髪がばさばさ・ガシガシになった。この場合は薬剤の選定に問題があった場合か、カウンセリングの時にキチンと毛髪履歴を把握出来ていなかった事が多いですね。この様なケースはパーマを積極的に取り入れていきたいけど髪のダメージの問題で躊躇されている、とても美意識の高いお客様ですね。髪の毛はダメージを受けると回復することはありません。最近はヘアカラーをされている方が多いですから、カラー毛に対してどれぐらいのダメージまで掛けれるか逆算して施術することが大切だと考えています。

老けて見られる

『老けて見られる』と言うキーワードだけをみると見た目の印象ですが実はカールの強さが嫌な原因となっています。ではなんでそのようになってしまうのか?その原因の多くは髪質に辿り着きます。つまりちょうどよく掛かりにくい方ほどパーマをする時に自分でこの様に言ってしまうのです。

いつもすぐ取れるので少し強めにして下さい

いつも掛かりにくいので少し強めにして下さい

LUSSOのここが違う

『老けて見られる』と言うキーワードだけをみると見た目の印象ですが実はカールの強さが嫌な原因となっています。ではなんでそのようになってしまうのか?その原因の多くは髪質に辿り着きます。つまりちょうどよく掛かりにくい方ほどパーマをする時に自分でこの様に言ってしまうのです。『いつもすぐ取れるので少し強めにして下さい』